稲城南山とその周辺


天神山が自動車道路にされる!


 稲城南山の隣、ランド通りを隔てて、読売ランドと峰続きの天神山に自動車道路開発の計画が持ち上がりました。
天神山は中腹に穴澤天神があり、山頂付近は小沢城址です。麓には天然の湧き水があり、汲みに来る人が絶えません。
天神山は地元の小学校の総合教育の場にもなっており、矢野口のたからものはなに?という
小学生を中心にしたアンケートでは第1位になっています。(「わたしたちのまち」、http://academic1.plala.or.jp/ine7e/watasi.htm)。
その天神山の読売ランドに接している部分が道路開発の予定地にされ、一部で工事が始まっています。
天神山開発区域
 上の地図で緑の点線は天神山の山道です。読売ランド駅または穴澤天神側から天神山に登る山道はここしかありません。鎌倉時代、小沢城の城主だった小沢小太郎重政が山頂の小沢城から穴澤天神に毎日通った道としても知られています。
天神山工事の地図
 設置予定の道路は京王読売ランドの読売ランド側の駅前ロータリーから天神山の中腹を通り、ぐるっと回って読売ランドの外周道路に接続する予定のようです。
読売ランド内への資材運搬のためらしいのですが、貴重な自然と史跡に恵まれた山をつぶして作る必要があるのでしょうか?

天神山入り口

 穴澤天神の鳥居の横では工事が始められています。山の木々がはぎ取られ、土がむき出しになっています。
ここには、この奥に造られる道路の工事で予想される出水や森林に保持されない雨水の受け皿になる調整池が作られる予定です。

天神山

 京王線の背後の天神山。この写真に写っている場所はすべて道路開発予定地です。
私たちに清浄な空気を送ってくれている山林。この山林が無くなろうとしています。
私たちの目を楽しませてくれている景観。子供達に親しまれている里山。
なんとか天神山の自然が守られないものでしょうか?
(2006年11月)




【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース