稲城南山とその周辺

地滑り



地滑り


 稲城南山では地滑りの跡が見られます。非常に急峻な小さな崖を作っています。
写真は北辰妙見尊から南山の山道に入ってすぐの所にある地滑りの跡。


jisuberi



稲城南山の地質は、30〜40メートルの稲城砂層の上に3〜4メートルの関東ローム層が乗った地質です。

稲城砂層は多摩丘陵が隆起して生じるよりも遙か以前に、
当時の河口の三角州で堆積した土砂が何万年もかけて固まっていった物です。

砂層はある限度を超えた水分を含むと流動化する性質があります。

山芋を掘ったあと穴をそのまま放置しておくと、そこから雨水がしみこみます。
このようなことが下の砂層を流動化して地滑りを起こす原因になるかもしれません。


地滑りからの再生



かつての地滑りの跡と思われる所に草木が生えています。崖は急峻ですが。


gaketi





【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース