稲城南山とその周辺

北辰妙見尊の藁(わら)でよられた大蛇



北辰妙見尊の藁でよられた大蛇


北辰妙見尊の藁でよられた大蛇


 京王線稲城駅の南東側、武蔵野貨物線のガードをくぐってすぐ妙見寺があります。
北辰妙見尊は妙見寺に隣接しており、稲城南山に登る入り口に当たります。

 妙見尊の参道の入り口の左手、二十三夜塔の石碑の前に、藁でよられた大蛇の頭の部分が安置されています。立派な角が生えています。大蛇というよりは竜のイメージです。

北辰妙見尊の参道

 大蛇の尾は参道の脇を登っています。参道はかなり急な石段です。


北辰妙見尊の大蛇の尾

 大蛇の尾は参道を登り切って妙見尊のある広場まで続いています。広場の隅を半周はしています。大蛇の立場でいえば、妙見尊から参道を下りて、参道の入り口を守っているのでしょう。




【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース